今、急激に人気が高まっているのがこれ!
合成&石油系界面活性剤無添加の化粧品がオススメな理由

カテゴリ:【 無添加の種類

もはやこの文字を見ると、漢字だらけで、ただ見ただけでも仰々しいイメージがしてしまうかもしれません。

ですが、最近ではこの界面活性剤に不安を感じて、特に合成・石油系は無添加が良いと考える方が増えてきています。

そもそも界面活性剤とは?

まず合成や石油系という前に、そもそも、界面活性剤というものについて見ておきましょう。

界面活性剤とは、簡単に言えば、水と油の仲介をし混ざるようにしてくれる乳化作用や、皮脂の汚れであったり、タンパクの汚れを分解し落とすために使われるものです。

これは、自然界にも存在している物質になります。
ですので、線引きをするため、石油系や合成といった言葉が頭に付けられる事になっているのです。

合成界面活性剤の役割などについて

自然由来の界面活性剤は、水によっては溶けやすくなかったりします。
また、泡立ちが良くなかったりするといった事もあります。

自然由来ですから、安定化という面でもやはり少し弱い面があるため、こういった水の溶けやすさや泡立ちなどを安定させ、使いやすい商品にするために、合成の界面活性剤が使われるようになっている。という事になります。

界面活性剤自体は、様々なものに実際私たちの生活で使われています。

そして、この「合成」だったり「石油系」といったところに、やはり不安を感じる方が多くいます。
事実、化粧品に使われる合成の界面活性剤では、石油系が多いというのもまた事実です。

合成界面活性剤を使う事のデメリット

合成の界面活性剤の場合、有機分解がされません。
これは、どういう事なのかというと、微生物によって分解されないという事を表します。

これだけでもまだわかりにくいかも知れませんが、もっと詳しく言えば、肌や髪などに合成界面活性剤が付いたとします。
しかしながら、この身体に付いた合成・石油系の界面活性剤を、自然界に存在する菌や微生物では、分解する事ができないという事なのです。

また、合成界面活性剤の役割や効き目として、皮脂の汚れやタンパクの汚れを分解する等があると先ほど記載しました。

これは、そういう効果があるという事は、肌に直接付けてしまうと、タンパク質を壊してしまう危険性があるという事の裏返しでもあります。

そのため、汗をかいて不要になった角質を押し出すといったような、肌の自浄作用をストップさせてしまう原因になってしまいます。

こういった事から、最近では合成系や石油系の界面活性剤が不使用の化粧品などが好まれています。
この流れは、同じ肌に付けるという事で色々な商品でも同じ流れになってきています。

  • シャンプー
  • リンス
  • 石鹸
  • 歯磨き粉

などなど、最近では合成界面活性剤が無添加の商品が好まれています。

肌に直接塗ったり使ったりするものは、合成系や石油系が無添加のものをおすすめしています。

この記事が参考になったらぜひシェアしてください

この記事を読んだ人におすすめの記事

防腐剤無添加やパラベンフリー化粧品を使うメリットとデメリット
化粧品を選ぶ時に、今ではこれを基準で選ぶ人が多くいるほど、よく知られているのが今回の「パラベン」です。 パラベンフリーの化粧品、パラベン無添加の化粧品と最近では販売されだして ...

旧表示指定成分とは?その一覧と化粧品には指定成分無添加を選ぶワケ
よく化粧品選びなどでネット上を見ていると頻繁に見る単語の1つが、この旧表示指定成分ではないでしょうか。 これは、昭和40年代に厚生労働省が化粧品に関する規定で、アレルギーを引 ...

香料無添加の化粧品の効果とメリットや香料の注意点
化粧品だけに限った事ではありませんが、やはり何かを使う時には、香りが良いというものは、使う側からしても気分が良くなるものです。 また、最近ではアロマも流行っている事もあり、香 ...

エタノール無添加やアルコールフリー化粧品の良さやメリットとその効果
最近では、エタノールフリーやアルコールフリーなどの無添加化粧品の登場が増えてきています。 ですが、知っておかなければならないのが、なぜ化粧品などに、このアルコールを入れる必要 ...

鉱物油・ミネラルオイル(流動パラフィン)の安全性・危険性と発がん性について
鉱物油の言葉を聞くと、イメージ的にはあまり体に良さそうではないと思ってしまう人も多いかもしれません。 漢字的にも鉱物と油という事で、自然派などに比べるとマイナスイメージを抱く ...

最近のエントリー

シワの種類や原因と対策。シワ対策化粧品の正しい選び方と注意点
クレンジングがスキンケアで最も大切な理由をご存じですか?
くずれないベースメイク作りのコツは毎朝の保湿ケアにあった
肌を若く保つ秘訣は?肌年齢をマイナス10歳にしたい方のためのケアポイント
ハイドロキノン化粧品の美白効果と副作用やハイドロキノン誘導体との違い

最新の無添加商品の紹介

高浸透型ビタミンCで真皮が活性化するプリモディーネの効果と口コミ
エイジングラボルテ(LAVOLTE)の無添加化粧品の効果と口コミ
アルマード・チェルラー パーフェクトクレンジングジェル【洗顔】
ビーグレン・Cセラム – 実感できるピュアビタミンC配合の美容液
ディセンシア・アヤナス ローション コンセントレートの特徴


Page Top