自分がアレルギー持ちなら気になるところ。
アレルギー持ちに無添加化粧品が大丈夫は本当なのか

カテゴリ:【 無添加の基礎

どの化粧品を使うかという化粧品選びは、肌に多大な影響を与えるものですから、なるべく慎重に選んだ方が良いと言えます。

特に何かしらのアレルギーを持っているという人であれば、なおさら化粧品選びには慎重に慎重を重ねる方が賢明です。

ここでは、無添加化粧品とアレルギーへの影響や安全性についてを見て行きたいと思います。

今は全成分の表示が義務付けられているので確認を

化粧品は、その品質や内容などによっては、石油系の界面活性剤や合成香料、着色料などなど、気をつけなければならない成分が色々あるものです。

昔は旧表示指定成分の102種類のみの表示義務でしたが、今では全ての成分の表示が義務づけられていますので、まずは大前提としてこれをチェックしていく事になります。

ただし、ここで注意しなければいけない点が1点あります。

表示義務はあっても、名称は化学物質名なので要注意

化粧品は全成分の開示しなければいけないから、仮にダメな成分が入っていたとしても、それもも表記しなければいけないから大丈夫。と思うかもしれません。

しかしながら、この安心はまだ早いのです。

手元にもし化粧品が何かあったりもしくは薬局などで色々な化粧品を手に取って見ていただきたいのですが、着色料や香料、合成界面活性剤などなど、どの化粧品の成分を見ても、まずその名称は見当たりません。

なぜなら、表示に使われるのは、私たちには全くもって馴染みがない化学物質の名前が使われるからです。

仮に同じ保存料であっても、植物性由来のものと石油系由来のものであれば、肌が受ける影響というのは当然違ってくるものです。

成分の表示はされていても、原料までなどは表示されていないので、一概に安心とも言えないのです。

だからこそ、無添加化粧品を選ぶと安全と思う方が増えていますが、それも注意が必要です。

無添加には明確な基準がないので調べる癖を

何度も書いてきましたが、無添加という基準には、明確な規定が現在は設けられていません。
そのため、無添加化粧品と明記されていたとしても、何が無添加の化粧品なのかをしっかりと調べなければいけません。

企業も利益を生み出さなければ倒産してしまいます。
自社に都合の悪い事は、なるべく見えないように、隠そうとするものです。

一般的に化粧品に配合されている製品は、安全性が確認されているものが多いとは思います。

とはいえ、肌の性質や、アレルギー体質などについては、人それぞれです。
少しのものなら耐えられる人もいれば、ほんの少しでも肌が耐えられないという人もいます。

そして、注意しなければいけないのは、無添加化粧品で完全に自然由来の化粧品であっても、逆に余計なものがない分、反応が強くでるという可能性もあるのです。

自分の肌に付けるものですから、調べる癖を付けておきましょう。

アレルギーテスト済みも確認する事を忘れずに

昔と違い、アレルギーを持つ方は年々増加していると言われています。
原因はわかりませんが、実際周りに花粉症を含めたアレルギーの人は減る事はなく増えているのは実感できるかと思います。

そういう背景もあってか、最近ではアレルギーテストクリア済みという化粧品も出て来ています。

アレルギー持ちの方からすれば、これは非常に助かる事ではありますが、1点注意点としては、そのテスト自体に明確なルールなどはありません。
どういう過程で、どういったテストをしたのかというところまで公開されている事はあまり多くはありません。

そのため、アレルギーテストクリア済みの化粧品であったとしても、今一度、成分や公式サイトでの情報をしっかり確認するようにしましょう。

なんだかんだで、前もって自分でテストをする事が大切

アレルギーを持っている方であれば、基本的にテストを行うかとは思います。
いきなり大丈夫だろうと思って使ってみるのではなく、一度テストなりをしてみるという事が非常に大事です。

本格的に肌に塗る前に、パッチテストを行ったり、皮膚科でアレルギーテストをしてみたりなど、自分の肌質を改めて見直して、専門家に相談するなども1つの手と言えます。

くれぐれも、アレルギー持ってるけど無添加化粧品だから大丈夫。という盲目的な信じ方だけは止めましょう。

何度も書いてきたように、無添加とはいえ何が無添加なのかを確認する事が大事です。
そして、自分の肌の特徴と比較しながら、この無添加化粧品なら、私のアレルギーでも大丈夫。という選び方をして、テストするという流れを心がけるようにしましょう。

このテーマに関する管理人からのワンポイントメッセージ

最近では何かしらのアレルギーの方も多いですし、テストクリア済みの化粧品も増えてきました。
とはいえ、上記の通り、どういう人を対象にしてどういうテストをクリアしたから、アレルギーテストをクリアした化粧品かはなかなか公開されません。

真っ当な企業ならきちんとしたテストをしていると思いますが、それでも公開されない以上は調べる方法がありません。
公式サイトなどに載っているならしっかり確認しておきましょう。

同じように、成分は化学物質名での記載になるため要注意です。
せっかく何かが配合されていなければ大丈夫と覚えても、化学物質名などは専門の人以外にはなかなかわかりません。

今ではネットで化学物質名と化粧品の成分などの対応表などもありますから、気になる化粧品があればそういったツールを使って調べてみると良いですよ。

この記事が参考になったらぜひシェアしてください

この記事を読んだ人におすすめの記事

そもそも無添加とは何をもって無添加と定義されるのか。その基準は?
もはや無添加という言葉は一般社会にも浸透しています。 逆に言えば、今ではこの無添加という言葉を知らない、聞いても意味がいまいちわからないという人はほとんどいないという程に認知され ...

無添加化粧品選びにキャリーオーバーは絶対に知っておくべき
無添加化粧品がこれだけメジャーな名称になった今でも、キャリーオーバーを知らない人は多いと思います。 ですが、無添加化粧品を使う、選ぶという時に、必ず知っておかなければならない ...

無添加化粧品=安全、肌に良く優しいはどこまで信じていいのか
今の世の中は、情報化社会と言われています。 極端な話、何かを知ろうと思えば、昔と違ってインターネットや色々な情報発信がされている中から自分で調べる事ができます。 しかしなが ...

無添加化粧品のおすすめはどこまで信頼していいんでしょうか?
実際問題、当サイトを運営していて、この質問やこれに似た質問をよく頂きます。 また、この手の質問で悩む方の多くは、実際には無添加化粧品に限った事ではありません。 サイト上にも ...

化粧品における無添加とは何を意味するのかを理解しておく
最近の私たちの日々の生活において、見たり聞いたりする事が多い言葉の1つに、無添加というものが挙げられます。 無添加は添加が無いと表記されるものになりますが。 ですが、実際に ...

最近のエントリー

シワの種類や原因と対策。シワ対策化粧品の正しい選び方と注意点
クレンジングがスキンケアで最も大切な理由をご存じですか?
くずれないベースメイク作りのコツは毎朝の保湿ケアにあった
肌を若く保つ秘訣は?肌年齢をマイナス10歳にしたい方のためのケアポイント
ハイドロキノン化粧品の美白効果と副作用やハイドロキノン誘導体との違い

最新の無添加商品の紹介

高浸透型ビタミンCで真皮が活性化するプリモディーネの効果と口コミ
エイジングラボルテ(LAVOLTE)の無添加化粧品の効果と口コミ
アルマード・チェルラー パーフェクトクレンジングジェル【洗顔】
ビーグレン・Cセラム – 実感できるピュアビタミンC配合の美容液
ディセンシア・アヤナス ローション コンセントレートの特徴


Page Top