無添加化粧品だからこそ安全というフレーズ
肌に良い、優しいという言葉をどこまで信じていいのか

カテゴリ:【 無添加の基礎

今の世の中は、情報化社会と言われています。
極端な話、何かを知ろうと思えば、昔と違ってインターネットや色々な情報発信がされている中から自分で調べる事ができます。

しかしながら、その一方で、逆に情報過多な面もあるのも否めない事実ですし、情報がありすぎて真逆の事を言っている情報を見付けるなんて事もよくあります。

調べれば調べるほど、ある観点からはマイナスに書かれ、ある観点からはプラスに書かれているという事もたくさんあります。

無添加も検証結果によっては違う事も??

そもそも、大前提として考えなければいけないのが、化粧品は化粧品メーカーや製造しているところが、利益を出すために売る商品です。
決して無償のボランティアでやっているわけではありません。

その商品が一番売れるようにとパッケージや成分の配合を考え、販売の戦略を考えていくものです。

ですから、言葉は悪いかもしれませんが、どっちとも取れたりする場合は、自分たちに都合の良い方へ持って行く事もあると考えておいた方が良いと言えます。

例えば、少量配合なら全く問題なく、大量に配合すると危険性のある添加物があった場合、基本的には少量しか化粧品では使わないのに、この成分を配合するとこんなに危険性がある事も?この商品はこれが無添加なので安心です。という事も言われている「かもしれません」。

そういった事の可能性も考えておかなければなりません。

肌の質、特徴、生活スタイルが同じ人はいない

そもそもですが、肌の質も人によってバラバラです。
乾燥肌の人もいれば、オイリー肌の人もいれば、敏感肌の人もいます。

もっと言えば、肌の質だけでなく生活スタイルも掛かるストレスやプレッシャーも違いますし、それらを強く受けるタイプの人もいれば、全く気にせずに自由に楽しく過ごせる人もいます。

そういう性質や環境が色々と違う事もあるので、人の意見なども、参考にするもののあまりに信じすぎるというのは避けた方が良いとも言えそうです。

誰々さんが絶賛。や芸能人も使用!といった事は、広告の場合もありますし、仮に使って絶賛していたとしても、その人と生活スタイルや肌の質が同じかなんてのはわかりません。

とはいえ、より安全にこだわった方が良いのは間違いない

日本は他の国と比べても安全面などにおいては非常に優れていると言えると思います。
それでも、100%にする事は不可能です。

安全と思われていたものが、何年も後になって、体に有害な物質が含まれていた。という事も稀に存在しています。

よく聞くアスベストなどは、その例の1つではないでしょうか。
昔は当たり前のように使われていましたが、何かの拍子に有害だと判明してしまう可能性もゼロではないという事です。

また、某石鹸などは、使ってしまった事で、逆にアレルギー症状を引き起こしてしまった事で、社会問題になったという事もありました。

ですから、安全にこだわる姿勢は非常に大切です。
ですが、無添加だから安全と盲目的に信じる事も、それはそれで良いとは言えません。

結局のところ、自分で納得して自分で試してみて、自分が信頼できて自分に合う化粧品を見つけていくのが良いと言えるのではないでしょうか。

このテーマに関する管理人からのワンポイントメッセージ

結局のところ、色々なものが入り組んでしまい難しくなっているのは否めません。
研究者でもなくその道の第一人者でもない私たちは、そういった情報を色々な角度から判断していかなければなりません。

無添加化粧品と銘打ってる商品も、何が無添加かはよくよく見ないとわからない事だってありますし、自分で調べて判断できる力を身に付けていくのが最適です。

とはいえ、やはり安全にしっかり力を入れている商品は今の健康志向の社会では増えてきていますから、その中で最適な無添加化粧品を選ぶのが最もオススメだと管理人は思っています。

この記事が参考になったらぜひシェアしてください

この記事を読んだ人におすすめの記事

無添加には様々な種類があるので、何が無添加かを知る事が大切です
化粧品などでも使われる無添加について、先ほどの化粧品における無添加とは何を意味するのかでも解説していましたが、化粧品メーカーなどでは添加物が入っていなければ、無添加と謳うことができ ...

無添加化粧品選びにキャリーオーバーは絶対に知っておくべき
無添加化粧品がこれだけメジャーな名称になった今でも、キャリーオーバーを知らない人は多いと思います。 ですが、無添加化粧品を使う、選ぶという時に、必ず知っておかなければならない ...

結局のところ無添加化粧品は良いの?悪いの?どれが良いの?
色々無添加の基礎について解説してきましたが、知らない人からしたら逆に悩ませる結果になったかもしれません。 実際のところ、私自身も色々携わったりしてはいたものの、その道の専門家 ...

あえて、化粧品が無添加である事で考えられるデメリットを挙げてみました
最近では、無添加化粧品を使う人が増えてきていますし、このサイトを見ているという事は、あなたも既に使っているか、これから無添加化粧品を使おうか、乗り換えようかと悩んでいるかのどちらか ...

そもそも無添加とは何をもって無添加と定義されるのか。その基準は?
もはや無添加という言葉は一般社会にも浸透しています。 逆に言えば、今ではこの無添加という言葉を知らない、聞いても意味がいまいちわからないという人はほとんどいないという程に認知され ...

最近のエントリー

シワの種類や原因と対策。シワ対策化粧品の正しい選び方と注意点
クレンジングがスキンケアで最も大切な理由をご存じですか?
くずれないベースメイク作りのコツは毎朝の保湿ケアにあった
肌を若く保つ秘訣は?肌年齢をマイナス10歳にしたい方のためのケアポイント
ハイドロキノン化粧品の美白効果と副作用やハイドロキノン誘導体との違い

最新の無添加商品の紹介

高浸透型ビタミンCで真皮が活性化するプリモディーネの効果と口コミ
エイジングラボルテ(LAVOLTE)の無添加化粧品の効果と口コミ
アルマード・チェルラー パーフェクトクレンジングジェル【洗顔】
ビーグレン・Cセラム – 実感できるピュアビタミンC配合の美容液
ディセンシア・アヤナス ローション コンセントレートの特徴


Page Top