無添加に限らず化粧品なら気にしておくべき
化粧品の使用期限や消費期限について知っておくべき事

カテゴリ:【 化粧品の知識

化粧品を使っていて多くの人が疑問に思うことの1つに、この化粧品はいつまで使って大丈夫なのかという事があります。

化粧品にも使用期限がしっかりとあります。
当然ですが、化粧品によってこの使用できる期間というのは成分によって短かったり長かったりと変わってきます。

一般的な化粧品の使用期限は、未開封の状態でだいたい3年、開封すれば1年と言われています。
ですが、このサイトのテーマでもある無添加の化粧品に関して言えば、もっと短い可能性が高くなります。

また、仮にその使用期限内であっても、成分の有効性が低くなってしまう可能性があるため注意が必要で、化粧品の使用に関しては、新鮮な早い時期に使うのがおすすめです。

化粧品の使用期限についておさらい

化粧品の使用期限については、実はきちんとしたルールが定められています。
化粧品には、今は全成分の表示が義務づけられていますので、裏面などに成分は必ず書かれているはずです。

しかしながら、食品などと違い、化粧品に限っては、多くが使用期限について書かれていません。
ルールが定められているのに書かれていないのはなぜ?と思うかもしれませんが、このルールが実はちょっと変則的なルールになっています。

使用期限の表示などに関しては、いわゆる薬事法において定められています。

使用期限の表示義務のあるもの
通常保管で3年以内に変質するもの
使用期限の表示義務のないもの
通常保管で3年以内に変質しないとわかっているもの

薬事法によって、こう定められています。
そのため、3年以内に変質しない化粧品は、品質の保持期限や製造年月日を記載する義務が無いので書かれていないのです。

多くの化粧品メーカーの製品が、未開封で保管していれば、3年~4年は品質が変わらないと言われているため、使用期限や製造年月日が書かれている化粧品が少ないという事になります。

一度でも開封したら、すぐに使い切る事を心がける

多くのモノは一度開封すると劣化が早くなります。
化粧品も同じで、開封した後は品質の劣化のスピードが上がりますので、なるべく早くに使う事を心がけなければなりません。

このあたりは、缶詰など保存食品をイメージするとわかりやすいです。
缶詰も、未開封であれば1年や2年など持つものも多いですが、一度明けてしまうとすぐ食べないとダメになるのと化粧品も同じです。

特に、成分にこだわっている化粧品は、開封後ある程度経ってしまうと、そのこだわった成分の有効性が徐々に下がってしまう可能性もあるため注意が必要です。

無添加の化粧品と使用期限と防腐について

無添加化粧品は、防腐剤などが無添加とされている化粧品が多々あります。

そういった化粧品は、一般的の化粧品とはまた異なってきます。
防腐剤の中でも化粧品では今もパラベンが使われる事が多いですが、それを無添加にすると言うことは、腐るのを防止する成分を配合しないという事になります。

では、パラベンの代わりに何を使って腐るのを防ぐのかでも変わってくることはありますが、注意すべきは、使用期限が3年以内か3年以上かで、表示義務が変わってくるというところです。

もし3年以内のものであれば、パッケージに記載されている事になりますのでより使用期限が短くなります。

ただし、これは未開封の状態であり、開封をすると3年なんて悠長な事は言ってられず、無添加化粧品の場合は1ヶ月以内といった場合もあるため注意が必要です。

これは当然のことで、天然成分や自然由来の成分など配合を重視するという事は、化学成分が入っていないという事であり食べ物と同じで、鮮度の喪失は早くなります。

無添加化粧品の弱点の1つとも言えるのがこの品質保持と考える人もいますし、開封後に限らず、購入した化粧品は無添加製品であれば、なるべく早くに使い切る事を心がけていきましょう。

無添加化粧品を少しでも長持ちさせるための保存

一度開封したらなるべく早くに使い切る事を考えて欲しいところではありますが、そうはいっても一気に使い切るなんて事はできません。

毎日使って保存をしてという事を日々繰り返しますが、注意して欲しいのがこの保存方法です。

化粧品は食品と同じで空気に触れると劣化します。
空気に触れる箇所が多ければ多いほどに、酸化しますから、開封後は蓋をしっかりと閉める事をまずは心がけてください。

くれぐれも、使った後、蓋を閉め忘れてそのまま…なんて事にならないように注意しましょう。

無添加化粧品の保管場所について

無添加化粧品に限らず、化粧品の保管場所にも気を配るようにしましょう。
高温多湿は避けた場所になります。

日光が当たるような場所、風通しの悪い棚の中などに入れるのは保管場所としてはNGになります。

また、よく冷蔵庫保管するべきか?といった事も聞かれますが、これは化粧品によります。

無添加化粧品などによっては、冷蔵庫などの保管を推奨しているものもありますし、逆に、天然成分が分離してしまう事で本来の効果を発揮しなくなるため常温保存をするように指示する無添加化粧品もあります。

どの化粧品がどういう場所での保存が最適かはそれぞれ異なります。
一番なのは、メーカーのサイトでしっかり確認する事になりますので、チェックしておきましょう。

保存方法だけでも、開封後の化粧品の使用可能期間が変わってくる事に繋がりますから、小さな事ですが大切な無添加化粧品を少しでも良い状態で使うために適切な保存を心がけましょう。

このテーマに関する管理人からのワンポイントメッセージ

最初はよく意識して蓋をしっかり早く締めてといった事はよくやっていますが、途中からは慣れてきたりダレてきてしまい、ついつい後回しになったりしてしまいます。

ですが、仮に1日1分蓋を開けっ放しにしていたとしたら、1ヶ月で30分の違いになります。
それだけ、空気に触れ酸化するという事に繋がりますから、使った後はしっかりすぐ締めるをまずは徹底して欲しいですね。

消費期限などは使っている成分で大きく変わりますし、防腐対策として何をどうしているかのチェックが重要です。
しっかり防腐成分を確認し、消費期限をチェックし、保管場所にも注意しながら、1日でも長く使えるように管理していきましょう。

この記事が参考になったらぜひシェアしてください

この記事を読んだ人におすすめの記事

化粧品の値段は広告費が含まれて上乗せさせられるってホント?
化粧品は今では非常に多くの種類が出ています。 有名どっころのメーカーから、後発組の何かに特化したようなタイプの化粧品まで、色々な種類の化粧品が販売されています。 化粧品の実 ...

どんな化粧品でもパッチテストは必ずしよう!そのやり方や方法も紹介
今の世の中、無添加の化粧品に限って見ただけでも、非常に多くの化粧品が市場に出て販売されています。 誰もが知る超大手・老舗のメーカーの化粧品もありますし、ネット専門で売っている知る ...

モンドセレクション受賞の化粧品は安全安心の証ではないため要注意
今の日本において、モンドセレクション受賞は非常に知られた賞の1つです。 これは化粧品に限った事ではなく、今ではあらゆるジャンルにおいて「モンドセレクションを受賞しました」という事 ...

最近のエントリー

シワの種類や原因と対策。シワ対策化粧品の正しい選び方と注意点
クレンジングがスキンケアで最も大切な理由をご存じですか?
くずれないベースメイク作りのコツは毎朝の保湿ケアにあった
肌を若く保つ秘訣は?肌年齢をマイナス10歳にしたい方のためのケアポイント
ハイドロキノン化粧品の美白効果と副作用やハイドロキノン誘導体との違い

最新の無添加商品の紹介

高浸透型ビタミンCで真皮が活性化するプリモディーネの効果と口コミ
エイジングラボルテ(LAVOLTE)の無添加化粧品の効果と口コミ
アルマード・チェルラー パーフェクトクレンジングジェル【洗顔】
ビーグレン・Cセラム – 実感できるピュアビタミンC配合の美容液
ディセンシア・アヤナス ローション コンセントレートの特徴


Page Top