無添加化粧品選びにキャリーオーバーは絶対に知っておくべき

のイメージ図

無添加化粧品がこれだけメジャーな名称になった今でも、キャリーオーバーを知らない人は多いと思います。

ですが、無添加化粧品を使う、選ぶという事になったとき、必ず知っておいた方がよい言葉でもあります。

スポンサードリンク

そもそも、キャリーオーバーとは日本語的な意味としては、持ち越すといった意味になります。

何を?と思うかもしれませんが、化粧品では無添加に限りなく関係がある添加物を持ち越すという事になってくるのです。

表示義務があるのは、使っている成分のみ

薬事法が改正されて、今では全化粧品が使っている全成分の表示義務があります。

これだけを見ればあまり意味がわからないかもしれませんが、表示義務があるのは「成分」であって、「原料」は義務がありません。

というよりも、書いている化粧品なんてまずあり得ません。

なので、極端な話、その化粧品の成分は書かれていても、その原料は何なのかが全くわからないのです。

無添加だけど無添加じゃない事も可能性としては生まれてくる

無添加化粧品と言えば、何かを無添加にする事で、無添加になります。

例えば、防腐剤を無添加にする事で、防腐剤無添加化粧品が出来上がります。
ですが、もし原料に防腐剤が含まれていたとしたら、それは無添加化粧品でしょうか。

ですが、仮に含まれていたとしても、記載の義務はありません。

エッセンシャルのオイルはハーブオイルなどを抽出するとき、多くの抽出方法で、石油由来の物質を使っていたり、アルコールを使う事が多々あります。

その時に、原料として微量ながら混ざって残留しているという事もありえます。

この持ち越しがキャリーオーバーと呼ばれています。
せっかくの無添加化粧品なのに、添加物が持ち越されていたら、意味がありません。

もちろん、しっかりしたメーカーなら、そういったところにも気を配って書いていてくれるかもしれません。

ですが、無添加を判断するのは消費者です。
何が無添加でどこがそうじゃないかをしっかり判断していかなければなりません。

完全に無添加じゃないととこだわる人などは、メーカーのホームページをチェックして原材料がどこのものでどう原材料として加工しているのか、キャリーオーバーについての説明があるのかなども、チェックしておくと良いでしょう。

また、記載がなければ、思い切って電話やメールなどで開発者の方に聞いてみると良いでしょう。

スポンサードリンク

カテゴリ内のその他の記事一覧
サイト情報
無添加化粧品のガイドサイトです。最近多く販売されている無添加化粧品について、なぜ良いのか、どこが良いのか、選ぶ時に注意する事はなんなのかといった知識から情報まで、そしてオススメの化粧品情報をお届けしています。みんなの口コミも大募集中です。

カテゴリの一覧

無添加の基礎知識
知っていると知らないとでは、大きな違いです。後になってしまった…と思わないように、今のうちにしっかり無添加の基礎知識を身に付けておきましょう!
無添加の種類
実際に言葉で表すと1つに見えてしまいますが、無添加には実に様々な種類があります。そのそれぞれ何が無添加なら良いのか、その種類を紹介し解説しています。
化粧品に配合される成分
化粧品に配合される成分は非常に多岐にわたります。ここではそんな化粧品の成分として配合されるとどういう効果が期待出来るのかも含め簡単に解説します。
化粧品にまつわるFAQ集
化粧品や無添加には様々な疑問が付きまとってきます。ここでは当サイトに寄せられる無添加や化粧品の質問について回答も合わせながらまとめています。
無添加化粧品の口コミ
今の世の中に数多くある無添加化粧品の紹介をしながら、実際に使った事のある方からの口コミも募集しながら寄せられたクチコミを掲載しています。
管理人のブログ&ニュース
美容業界は日々色々な研究や商品開発が行われています。業界のニュースやキャンペーン情報から、雑多な事をあわせながら色々とブログ形式にて紹介しています。
管理人の実費de体験談
この化粧品気になるけど、どうだろう?と思う方のため、管理人が実費で買って試してみた結果を写真と体験談としてのレポートで皆様に公開しています。