あえて、化粧品が無添加である事で考えられるデメリットを挙げてみました

のイメージ図

最近では、無添加化粧品を使う人が増えてきています。

先ほどは、無添加化粧品のメリットを書いてみましたが、ここでは、あえて逆に、無添加の化粧品にしている事で考えられるデメリットやマイナス面、注意点などについてを考えてみたいと思います。

スポンサードリンク

影響のないとされているものもある

そもそもの無添加ですが、種類があると説明してきましたし、何が無添加なのかをしっかり確認する必要性があるという事は何度も書いています。

そのため、ただ無添加だというから安心というわけではありません。
よくやり玉に挙げられやすいのが、着色料になりますが、これらは発がん性や環境ホルモンへの影響など、多岐に渡る影響があるとされています。

その一方で、影響がないという説のあるものもあります。

ただ、このあたりは無添加化粧品を売りたい側は、無添加が良いとそちらの面を一方的に押し出す傾向がありますし、逆に、この成分は無添加ではないけど安全ですという化粧品を売りたい側は、そこを猛プッシュしたりするので、何が正解かというのは難しい状態でもあります。

科学の力を使っていたから出来た事が難しくなる

人工的に作り出したものを無しにして無添加としたことで、その人工的に作られていた効果が得られなくなるという事が考えられます。

例えば、防腐剤などはその最たる例の1つではないでしょうか。
防腐剤とはその言葉の通り、腐るのを防ぐためのものです。

ですから、防腐剤が入っている化粧品というのは、腐るのを防いでくれるため、長持ちするという事がわかります。

これが、防腐剤無添加の化粧品の場合、その腐るのを防いでくれていた防腐剤を使わないという事になるので、代わりの何かを使うか、その分だけ使用期限が短い化粧品として作らなければならなくなります。

本来、無添加で安全なはずなのに、そういった事を知らずに腐ってしまったのを知らずに低品質の化粧品を使ってしまう...なんて可能性も、ゼロではないとも言えます。

どうしても高価になる

人工物というのは、科学的に生み出されたり大量生産が比較的しやすいものでもあります。
ですから、そういったものが配合された化粧品というのは、大量生産しやすく、その分コスト面を抑える事ができます。

一方で、そういったものに頼らず自然由来の成分を中心に作ったりしていくと、原材料の費用がどうしてもかかってきてしまいます。

無添加にこだわる化粧品であればあるほど、どうしても高価格帯になってしまうというのだけは理解しておいた方がいいのかもしれません。

スポンサードリンク

カテゴリ内のその他の記事一覧
サイト情報
無添加化粧品のガイドサイトです。最近多く販売されている無添加化粧品について、なぜ良いのか、どこが良いのか、選ぶ時に注意する事はなんなのかといった知識から情報まで、そしてオススメの化粧品情報をお届けしています。みんなの口コミも大募集中です。

カテゴリの一覧

無添加の基礎知識
知っていると知らないとでは、大きな違いです。後になってしまった…と思わないように、今のうちにしっかり無添加の基礎知識を身に付けておきましょう!
無添加の種類
実際に言葉で表すと1つに見えてしまいますが、無添加には実に様々な種類があります。そのそれぞれ何が無添加なら良いのか、その種類を紹介し解説しています。
化粧品に配合される成分
化粧品に配合される成分は非常に多岐にわたります。ここではそんな化粧品の成分として配合されるとどういう効果が期待出来るのかも含め簡単に解説します。
化粧品にまつわるFAQ集
化粧品や無添加には様々な疑問が付きまとってきます。ここでは当サイトに寄せられる無添加や化粧品の質問について回答も合わせながらまとめています。
無添加化粧品の口コミ
今の世の中に数多くある無添加化粧品の紹介をしながら、実際に使った事のある方からの口コミも募集しながら寄せられたクチコミを掲載しています。
管理人のブログ&ニュース
美容業界は日々色々な研究や商品開発が行われています。業界のニュースやキャンペーン情報から、雑多な事をあわせながら色々とブログ形式にて紹介しています。
管理人の実費de体験談
この化粧品気になるけど、どうだろう?と思う方のため、管理人が実費で買って試してみた結果を写真と体験談としてのレポートで皆様に公開しています。