まずは無添加というのは何を示すのかを理解しておきましょう。

のイメージ図

最近の私たちの日々の生活において、見たり聞いたりする事が多い言葉の1つに、無添加というものが挙げられます。

ですが、添加が無いとしてよく表記されますが、実際にはどういう事なのか、どういう意味を示すのかを知らない方も多いのではないでしょうか。

スポンサードリンク

無添加という言葉が付くだけで、私たちは多くがこう思ってしまいがちです。

  • 無添加だから安心
  • 無添加なら安全
  • 体に良さそう

ですが、盲目的に信じ混んでしまうのは危険でもあります。
本当に安全、安心なら、なぜそうなのかという事を知っておかなければなりません。

化粧品においては無添加が流行りでもあり多い

化粧品に関しては、無添加コスメなどが非常に今では人気を集めています。

昔と比較すれば、当然ですが研究開発は進みますし、今の方が化粧品などにお金をかける金額は大きくなってきはいます。

そのため、色々なところが無添加化粧品を開発し、多くの人が無添加コスメだからと手に取って使っています。

無添加ってなんなのか

そもそも、化粧品に使われる添加物については、昭和40年代に策定された薬事法にて、アレルギーなどを引き起こす可能性・危険性のある102種類の表示の義務がある成分の事を言うそうです。

ただ、2001年には薬事法が改正され、全成分の表示が義務づけられました。
先ほどの102種類のアレルギーなどを引き起こす危険性や可能性のある成分は、旧指定成分とも呼ばれるようになっています。

そして、このあたりから、添加物の意味合いが徐々に変わってきたというよりも、販売会社によって自由という形になっています。

つまりどういう事かというと、今では化粧品は全成分を記載する義務が基本的にはあります。
ですが、添加物が入っていない、すなわち無添加とはどういうものかというのは、特に決まってはいないのです。

先ほどの102種類の今では旧指定成分が入っていない化粧品なら、無添加化粧品。とも言えますし、もっと他の添加物が入っていない化粧品でも添加物と謳えるのです。

極端な話、横暴な言い方をすれば、化粧品メーカー等が、これは無添加なんです。という添加物が無い化粧品は無添加化粧品です。と言えてしまうのが現実です。

そのため、無添加だから安心とすぐに思ってしまうのは危険なのです。
しっかり、何が無添加かというのを知っていかなければならないのです。

スポンサードリンク

カテゴリ内のその他の記事一覧
サイト情報
無添加化粧品のガイドサイトです。最近多く販売されている無添加化粧品について、なぜ良いのか、どこが良いのか、選ぶ時に注意する事はなんなのかといった知識から情報まで、そしてオススメの化粧品情報をお届けしています。みんなの口コミも大募集中です。

カテゴリの一覧

無添加の基礎知識
知っていると知らないとでは、大きな違いです。後になってしまった…と思わないように、今のうちにしっかり無添加の基礎知識を身に付けておきましょう!
無添加の種類
実際に言葉で表すと1つに見えてしまいますが、無添加には実に様々な種類があります。そのそれぞれ何が無添加なら良いのか、その種類を紹介し解説しています。
化粧品に配合される成分
化粧品に配合される成分は非常に多岐にわたります。ここではそんな化粧品の成分として配合されるとどういう効果が期待出来るのかも含め簡単に解説します。
化粧品にまつわるFAQ集
化粧品や無添加には様々な疑問が付きまとってきます。ここでは当サイトに寄せられる無添加や化粧品の質問について回答も合わせながらまとめています。
無添加化粧品の口コミ
今の世の中に数多くある無添加化粧品の紹介をしながら、実際に使った事のある方からの口コミも募集しながら寄せられたクチコミを掲載しています。
管理人のブログ&ニュース
美容業界は日々色々な研究や商品開発が行われています。業界のニュースやキャンペーン情報から、雑多な事をあわせながら色々とブログ形式にて紹介しています。
管理人の実費de体験談
この化粧品気になるけど、どうだろう?と思う方のため、管理人が実費で買って試してみた結果を写真と体験談としてのレポートで皆様に公開しています。