そもそも無添加とは何をもって無添加と定義されるのか。その基準は?

のイメージ図

もはや無添加という言葉は一般社会にも浸透していますし、この言葉を知らないという人はいないほど認知されている名称でもあります。

ですが、その逆に無添加とは何をもってそう呼ぶ事ができるのか、その基準を知っているという人は、言葉の浸透度と比較しても圧倒的な少数派です。

スポンサードリンク

1つも添加物が入ってなければ無添加?

先ほどの、種類がたくさんあるのところでも説明しましたが、色々な無添加があります。
先ほどの種類のところでも例を出した、着色料が入っていない化粧品「A」があったとして、その一方で、防腐剤が入っていない化粧品「B」があったとします。

そして、これら、「A」と「B」の化粧品はどちらも、「無添加化粧品」になるのです。

逆の穿った見方をすれば、着色料が入っていない化粧品「A」に、防腐剤、シリコン、鉱物油、合成界面活性剤が仮に配合されていたとしても、「無添加化粧品」なのです。

なぜなら、着色料が無添加だからです。
ただ無添加化粧品と書かれているだけでは、こういう可能性もあるという事を知っておかなければなりません。

無添加とは、全ての添加物が無いという意味ではない

もうこの言葉に尽きます。
無添加とは、とある添加物が無いという意味と同義です。

私たちは無添加と聞くと、ついつい後者の、添加物が一切排除されたものと思いがちですが、決して、無添加とは全ての添加物が一切入っていないという意味ではない事を理解しなければなりません。

特に明確に薬事法などで決められているわけではない?

化粧品などの販売にあたって厳しく守らなければいけないルールに薬事法があります。
ですが、この薬事法、現在のルールにおいて、無添加と表記するにあたっての明確なルールや規定、基準というのは設けられていないようなのです。

だから、先ほどのような、特定の添加物が無添加=無添加化粧品。と謳えてしまうのです。

そして、化粧品を買うときに、成分を全部見るという方は、非常に稀です。
無添加化粧品といったキャッチフレーズを見ると、ついつい、安心なんだなと思ってしまう方も多いはずです。

ですが、無添加の基準というのはこのように非常に曖昧で緩いルールの上に成り立っています。

よく無添加化粧品を使ったのに、肌が荒れた。という声を見かける事がありますが、それは何が無添加なのか、それを知らずに無添加化粧品を買ってしまっているからという可能性が指摘できます。

○○は無添加だけど、自分の肌に合わなかった▲▲という添加物は配合されている。
それを知らなかったために、肌が荒れてしまったといったり、肌に合わないといった事に繋がるのです。

今ではまだ無添加の基準というのは厳格に決まっていないのであれば、成分についてしっかりと見て、知っておく必要があるとも言えそうですね。

スポンサードリンク

カテゴリ内のその他の記事一覧
サイト情報
無添加化粧品のガイドサイトです。最近多く販売されている無添加化粧品について、なぜ良いのか、どこが良いのか、選ぶ時に注意する事はなんなのかといった知識から情報まで、そしてオススメの化粧品情報をお届けしています。みんなの口コミも大募集中です。

カテゴリの一覧

無添加の基礎知識
知っていると知らないとでは、大きな違いです。後になってしまった…と思わないように、今のうちにしっかり無添加の基礎知識を身に付けておきましょう!
無添加の種類
実際に言葉で表すと1つに見えてしまいますが、無添加には実に様々な種類があります。そのそれぞれ何が無添加なら良いのか、その種類を紹介し解説しています。
化粧品に配合される成分
化粧品に配合される成分は非常に多岐にわたります。ここではそんな化粧品の成分として配合されるとどういう効果が期待出来るのかも含め簡単に解説します。
化粧品にまつわるFAQ集
化粧品や無添加には様々な疑問が付きまとってきます。ここでは当サイトに寄せられる無添加や化粧品の質問について回答も合わせながらまとめています。
無添加化粧品の口コミ
今の世の中に数多くある無添加化粧品の紹介をしながら、実際に使った事のある方からの口コミも募集しながら寄せられたクチコミを掲載しています。
管理人のブログ&ニュース
美容業界は日々色々な研究や商品開発が行われています。業界のニュースやキャンペーン情報から、雑多な事をあわせながら色々とブログ形式にて紹介しています。
管理人の実費de体験談
この化粧品気になるけど、どうだろう?と思う方のため、管理人が実費で買って試してみた結果を写真と体験談としてのレポートで皆様に公開しています。