合成&石油系界面活性剤は使わない無添加化粧品がオススメな理由

のイメージ図

もはやこの文字を見ると、漢字だらけで、ただ見ただけでも仰々しいイメージがしてしまうかもしれません。

ですが、最近ではこの界面活性剤に不安を感じて、特に合成・石油系は無添加が良いと考える方が増えてきています。

スポンサードリンク

そもそも界面活性剤とは?

まず合成や石油系という前に、そもそも、界面活性剤というものについて見ておきましょう。

界面活性剤とは、簡単に言えば、水と油の仲介をし混ざるようにしてくれる乳化作用や、皮脂の汚れであったり、タンパクの汚れを分解し落とすために使われるものです。

これは、自然界にも存在している物質になります。
ですので、線引きをするため、石油系や合成といった言葉が頭に付けられる事になっているのです。

合成界面活性剤の役割などについて

自然由来の界面活性剤は、水によっては溶けやすくなかったりします。
また、泡立ちが良くなかったりするといった事もあります。

自然由来ですから、安定化という面でもやはり少し弱い面があるため、こういった水の溶けやすさや泡立ちなどを安定させ、使いやすい商品にするために、合成の界面活性剤が使われるようになっている。という事になります。

界面活性剤自体は、様々なものに実際私たちの生活で使われています。

そして、この「合成」だったり「石油系」といったところに、やはり不安を感じる方が多くいます。
事実、化粧品に使われる合成の界面活性剤では、石油系が多いというのもまた事実です。

合成界面活性剤を使う事のデメリット

合成の界面活性剤の場合、有機分解がされません。
これは、どういう事なのかというと、微生物によって分解されないという事を表します。

これだけでもまだわかりにくいかも知れませんが、もっと詳しく言えば、肌や髪などに合成界面活性剤が付いたとします。
しかしながら、この身体に付いた合成・石油系の界面活性剤を、自然界に存在する菌や微生物では、分解する事ができないという事なのです。

また、合成界面活性剤の役割や効き目として、皮脂の汚れやタンパクの汚れを分解する等があると先ほど記載しました。

これは、そういう効果があるという事は、肌に直接付けてしまうと、タンパク質を壊してしまう危険性があるという事の裏返しでもあります。

そのため、汗をかいて不要になった角質を押し出すといったような、肌の自浄作用をストップさせてしまう原因になってしまいます。

こういった事から、最近では合成系や石油系の界面活性剤が不使用の化粧品などが好まれています。
この流れは、同じ肌に付けるという事で色々な商品でも同じ流れになってきています。

  • シャンプー
  • リンス
  • 石鹸
  • 歯磨き粉

などなど、最近では合成界面活性剤が無添加の商品が好まれています。

肌に直接塗ったり使ったりするものは、合成系や石油系が無添加のものをおすすめしています。

スポンサードリンク

カテゴリ内のその他の記事一覧
サイト情報
無添加化粧品のガイドサイトです。最近多く販売されている無添加化粧品について、なぜ良いのか、どこが良いのか、選ぶ時に注意する事はなんなのかといった知識から情報まで、そしてオススメの化粧品情報をお届けしています。みんなの口コミも大募集中です。

カテゴリの一覧

無添加の基礎知識
知っていると知らないとでは、大きな違いです。後になってしまった…と思わないように、今のうちにしっかり無添加の基礎知識を身に付けておきましょう!
無添加の種類
実際に言葉で表すと1つに見えてしまいますが、無添加には実に様々な種類があります。そのそれぞれ何が無添加なら良いのか、その種類を紹介し解説しています。
化粧品に配合される成分
化粧品に配合される成分は非常に多岐にわたります。ここではそんな化粧品の成分として配合されるとどういう効果が期待出来るのかも含め簡単に解説します。
化粧品にまつわるFAQ集
化粧品や無添加には様々な疑問が付きまとってきます。ここでは当サイトに寄せられる無添加や化粧品の質問について回答も合わせながらまとめています。
無添加化粧品の口コミ
今の世の中に数多くある無添加化粧品の紹介をしながら、実際に使った事のある方からの口コミも募集しながら寄せられたクチコミを掲載しています。
管理人のブログ&ニュース
美容業界は日々色々な研究や商品開発が行われています。業界のニュースやキャンペーン情報から、雑多な事をあわせながら色々とブログ形式にて紹介しています。
管理人の実費de体験談
この化粧品気になるけど、どうだろう?と思う方のため、管理人が実費で買って試してみた結果を写真と体験談としてのレポートで皆様に公開しています。