合成ポリマーとは?合成ポリマー無添加の化粧品の良さとは?

のイメージ図

合成ポリマーと聞くと、あまり化粧品に馴染みがない言葉のように聞こえるかもしれません。

ですが、意外と私たちの生活用品などにも使われている成分でもあるので、しっかりと知っておくようにしましょう。

スポンサードリンク

合成ポリマーってどんなもの?

そもそも、合成ポリマーとは、大量の水を抱え込む事が可能な樹脂の事を指します。

どういう事かというと、油と親和性が高く、水を抱え込めるという特徴を持ちます。
すなわち、化粧品の中でも、化粧水や乳液であったり、クリームなどに、この合成ポリマーは含まれる事が多いのです。

合成ポリマーは、肌の上でサラっとした質感をもたらしてくれる、その大元となってくれます。

ですから、化粧品だけに使われるのではなく、私たちの生活用品の中でもいくつか使われたりしています。
例えば、生理用品にも使われていますし、赤ちゃんのおむつなどにも使われ、水分を吸収する役割を担っていたり、繊維に加工されて化繊となっているものもあります。

なぜ合成ポリマー無添加が出てきているのか

合成ポリマーの役割は、上記に書いたようなものになります。

その一方で、合成ポリマーは、クレンジングなどを普通にしただけでは、落ちにくいというデメリットが挙げられます。

使い続けていると、毛穴が塞がっていってしまったりする可能性があります。
そうなってしまうと、肌の自浄作用であったり、自然なターンオーバーを妨害してしまう可能性が出てきてしまいます。

そのため、肌本来が持つ強さや滑らかさを無くしたくない!という思いの方々が、こういった合成ポリマーが無添加の化粧品を探すようになってきているという流れになっているようです。

実際、合成ポリマーはどうなのか

しかしながら、実際のところとして、100%肌に浸透してしまうという事は無いと言われています。
というのも、ポリマー自体が非常に高分子だからです。

ただ、合成ポリマー自体は紫外線に弱いとされる物質になるため、日光に当たると性質が変化したりしてしまう恐れがあるとも言われています。
化粧品は肌に塗る物ですから、日にも当たりやすいため、こうした事で肌トラブルへ繋がって...という事もあるようです。

ヒアルロン酸もポリマーの仲間?

肌に良いと言われたり化粧品でもよく使われる成分の1つに、ヒアルロン酸があります。

実は、このヒアルロン酸も、多糖類と呼ばれるポリマーの仲間に当たります。

ポリマーは、同じ分子が多く繋がったものの事を言い、自然界にも普通に存在しているものになります。

ですから、合成ポリマー無添加というのは、人工的に合成で作られたポリマーは使っていないという事になります。

人工合成ではないポリマーを使う事によって、保湿力だったり、滑らかさや肌触りの良さなどの効き目をもたらしてくれています。

今では、合成ポリマー自体の安全性も高まってきてはいます。
ですが、念には念をという方のように、やはり、人工合成のポリマーが無添加の化粧品を使いたいという方も増えてきています。

スポンサードリンク

カテゴリ内のその他の記事一覧
サイト情報
無添加化粧品のガイドサイトです。最近多く販売されている無添加化粧品について、なぜ良いのか、どこが良いのか、選ぶ時に注意する事はなんなのかといった知識から情報まで、そしてオススメの化粧品情報をお届けしています。みんなの口コミも大募集中です。

カテゴリの一覧

無添加の基礎知識
知っていると知らないとでは、大きな違いです。後になってしまった…と思わないように、今のうちにしっかり無添加の基礎知識を身に付けておきましょう!
無添加の種類
実際に言葉で表すと1つに見えてしまいますが、無添加には実に様々な種類があります。そのそれぞれ何が無添加なら良いのか、その種類を紹介し解説しています。
化粧品に配合される成分
化粧品に配合される成分は非常に多岐にわたります。ここではそんな化粧品の成分として配合されるとどういう効果が期待出来るのかも含め簡単に解説します。
化粧品にまつわるFAQ集
化粧品や無添加には様々な疑問が付きまとってきます。ここでは当サイトに寄せられる無添加や化粧品の質問について回答も合わせながらまとめています。
無添加化粧品の口コミ
今の世の中に数多くある無添加化粧品の紹介をしながら、実際に使った事のある方からの口コミも募集しながら寄せられたクチコミを掲載しています。
管理人のブログ&ニュース
美容業界は日々色々な研究や商品開発が行われています。業界のニュースやキャンペーン情報から、雑多な事をあわせながら色々とブログ形式にて紹介しています。
管理人の実費de体験談
この化粧品気になるけど、どうだろう?と思う方のため、管理人が実費で買って試してみた結果を写真と体験談としてのレポートで皆様に公開しています。