鉱物油が無添加の化粧品のメリットと鉱物油の注意や危険性について

のイメージ図

鉱物油の言葉を聞くと、イメージ的にはあまり体に良さそうではないと思ってしまう人も多いかもしれません。

漢字的にも鉱物と油という事で、自然派などに比べるとマイナスイメージを抱く人も多いのではないでしょうか。

スポンサードリンク

そもそも、鉱物油なんて化粧品に使われているの?と思うかもしれませんが、実は結構使われているけれど知らないという人が多いだけなのです。

意外と多くに使われている

化粧品には意外と多くの鉱物油が使われていたりもします。

例えば、クレンジングオイル。
誰もが聞いた事ある名前であり、使っていると思います。

また乳液などにも使われている、どろどろっとしたテクスチャーのようなものにも使われている事があります。

また、ベビーオイルなどにも使われているミネラルオイルの表記があれば、それも鉱物油になります。

というように、実は意外なところで結構使われていたりします。

昔はシミの原因にもなっていたけど今は安全?

そもそも、鉱物油は石油から作られます。
そのため、その精製する技術が整っていなかった時代には、鉱物油に不純物が混じってしまったりして、シミの原因になったなどトラブルがあったようです。

とはいえ、これは1,970年代の頃のようですので、今では技術もバッチリ整っていますので、その点の心配は無いと言えるのではないでしょうか。

発がん性物質という文献もある

精製技術が上がったので、不純物が混じるという事はまずあり得ないという事にはなっています。

ですが、文献によっては、発がん性があると言われているものもあるようです。

ただ、実際に絶対に発がん性があると判明していれば、禁止されるはずですから、本当のところでどうなのかは、まだわからないと言えます。

鉱物油が無添加の植物油やオイルフリーの化粧品

そういった背景もあってか、最近は鉱物油無添加の化粧品も増えてきています。

もともと、当然ですが植物油の方が肌への親和性は高いと言えます。
そして、油自体の栄養価も石油から作られる鉱物油よりも、植物油の方が高いですから、お肌に優しい面から言えば、植物油の方がすぐれていると言えそうです。

ただ、鉱物油のメリットとしては、酸化しないという事があります。
逆に植物油は酸化しやすいため、長期保存に向いていないというデメリットがあります。

また、長期保存に向いていないから油は植物油を使いつつ、保存料として防腐剤をという事もあり得ますし、酸化したオイルを塗るのは、シミの原因や色素が沈着する原因になってしまう恐れもあります。

植物油の化粧品はすぐ使い終えないと、逆にシミを作ってしまうという可能性もあるので、メリットとデメリットをしっかり把握して、理解して選ぶようにしていきましょう。

スポンサードリンク

カテゴリ内のその他の記事一覧
サイト情報
無添加化粧品のガイドサイトです。最近多く販売されている無添加化粧品について、なぜ良いのか、どこが良いのか、選ぶ時に注意する事はなんなのかといった知識から情報まで、そしてオススメの化粧品情報をお届けしています。みんなの口コミも大募集中です。

カテゴリの一覧

無添加の基礎知識
知っていると知らないとでは、大きな違いです。後になってしまった…と思わないように、今のうちにしっかり無添加の基礎知識を身に付けておきましょう!
無添加の種類
実際に言葉で表すと1つに見えてしまいますが、無添加には実に様々な種類があります。そのそれぞれ何が無添加なら良いのか、その種類を紹介し解説しています。
化粧品に配合される成分
化粧品に配合される成分は非常に多岐にわたります。ここではそんな化粧品の成分として配合されるとどういう効果が期待出来るのかも含め簡単に解説します。
化粧品にまつわるFAQ集
化粧品や無添加には様々な疑問が付きまとってきます。ここでは当サイトに寄せられる無添加や化粧品の質問について回答も合わせながらまとめています。
無添加化粧品の口コミ
今の世の中に数多くある無添加化粧品の紹介をしながら、実際に使った事のある方からの口コミも募集しながら寄せられたクチコミを掲載しています。
管理人のブログ&ニュース
美容業界は日々色々な研究や商品開発が行われています。業界のニュースやキャンペーン情報から、雑多な事をあわせながら色々とブログ形式にて紹介しています。
管理人の実費de体験談
この化粧品気になるけど、どうだろう?と思う方のため、管理人が実費で買って試してみた結果を写真と体験談としてのレポートで皆様に公開しています。