エタノール無添加やアルコールフリー化粧品の良さやメリットとその効果

のイメージ図

最近では、エタノールフリーやアルコールフリーなどの無添加化粧品の登場が増えてきています。

ですが、知っておかなければならないのが、なぜ化粧品などに、このアルコールを入れる必要があるかというところです。

スポンサードリンク

と、その前にですが、そもそもとして、化粧品に加えるアルコールというのは、ほぼほぼエタノールになります。
エタノールと言えば、学生の頃に理科などの実験で使ったり、消毒などで使ったりもされるので馴染みの深いアルコールになります。

注射の前に塗るスーッとすると言えば、ほとんどの人が、あれか!と理解されるかもしれませんね。

エタノールには消毒の効果が

上記にも簡単に書いてきましたが、エタノールには消毒という分野において多大な効果を発揮します。

ですが、化粧品に使うとすると、収斂作用というメリットがあります。
収斂作用とは、肌や毛穴を引き締める作用の事で、そのため、化粧水や化粧パックなどにも使われています。

また、エタノールには油分との親和性があります。
そのため、油分と水分を仲介する役割を持っていて、エッセンシャルオイルと水やシアバターとハーブ水といったところに役立ち、色々な化粧品に使われているのです。

このように、エタノールが配合された化粧品は品質保持として変質しにくくなるというメリットもあり、長く使えるという事に繋がります。

エタノールのデメリットとなぜエタノールフリーが出てきたのか

では、なぜエタノールが無添加の化粧品が増えてきているのかというところについてです。

エタノールには消毒面など、上記に配合されるメリットを記載してきました。
ですが、その一方で、デメリットとしてエタノールを配合すると、消毒などの特徴のため、肌の皮膜を壊してしまうという事があります。

皮膜とは

皮膜というのは、肌を適度な油分でおおい、潤いを保ってくれる働きを持ちます。
また、それだけでなく、外部からの刺激から保護をしてくれるといったような効果を持つものになります。

エタノールなどのアルコールが配合されていると、この皮膜を破壊してしまうという可能性が出てきてしまします。

そのため、安全の事や肌への優しさを考えた時に、アルコールフリー、エタノール無添加の化粧品というものが必要になってきたのです。

ですが、メリットの面でも解説した部分はエタノールフリーだとそこが削られてしまうので、その分でどちらをどう取るかというのを考えていければ良いと言えそうです。

スポンサードリンク

カテゴリ内のその他の記事一覧
サイト情報
無添加化粧品のガイドサイトです。最近多く販売されている無添加化粧品について、なぜ良いのか、どこが良いのか、選ぶ時に注意する事はなんなのかといった知識から情報まで、そしてオススメの化粧品情報をお届けしています。みんなの口コミも大募集中です。

カテゴリの一覧

無添加の基礎知識
知っていると知らないとでは、大きな違いです。後になってしまった…と思わないように、今のうちにしっかり無添加の基礎知識を身に付けておきましょう!
無添加の種類
実際に言葉で表すと1つに見えてしまいますが、無添加には実に様々な種類があります。そのそれぞれ何が無添加なら良いのか、その種類を紹介し解説しています。
化粧品に配合される成分
化粧品に配合される成分は非常に多岐にわたります。ここではそんな化粧品の成分として配合されるとどういう効果が期待出来るのかも含め簡単に解説します。
化粧品にまつわるFAQ集
化粧品や無添加には様々な疑問が付きまとってきます。ここでは当サイトに寄せられる無添加や化粧品の質問について回答も合わせながらまとめています。
無添加化粧品の口コミ
今の世の中に数多くある無添加化粧品の紹介をしながら、実際に使った事のある方からの口コミも募集しながら寄せられたクチコミを掲載しています。
管理人のブログ&ニュース
美容業界は日々色々な研究や商品開発が行われています。業界のニュースやキャンペーン情報から、雑多な事をあわせながら色々とブログ形式にて紹介しています。
管理人の実費de体験談
この化粧品気になるけど、どうだろう?と思う方のため、管理人が実費で買って試してみた結果を写真と体験談としてのレポートで皆様に公開しています。