着色料が無添加の化粧品の良さとメリットと着色料の危険性

のイメージ図

どちらかというと、着色料という言葉は、今の私たちには、それなりに知っている言葉でもありますし、それほど変な言葉と感じないかもしれません。

おやつなどを買う時に、よく着色料という言葉が使われたりもしていたので、知っているという方も多いのでは無いでしょうか。

スポンサードリンク

最近では、この着色料が無添加な商品が増えてきています。
もちろん、化粧品でも着色料は使用しておりません。という化粧品も増えてきています。

また、最近ではお菓子や調味料などにおいても、着色料を無添加にする商品が増えてきています。

化粧品での着色料は、主に見栄え目的?

化粧品で着色料が使われるとき、その主な目的は商品の見栄えを良くする事がほとんどです。
防腐剤や合成界面活性剤のように、保存性を高めたり、手触りなどをよくするといった機能的な目的はありません。

逆に、色をメインとして扱うような化粧品の部類には、機能的な着色で使われます。
アイメイクであったり、口紅などのメイクアップ系の製品には、そういった事で使われる事があります。

着色料の中でも合成着色料のタール色素に要注意

着色料を使われる際に、最も気をつけておかなければならないのが、タール色素という合成着色料毒性です

このタール色素は、毒性が高いとされていて、赤色○号、青色○号といった形で表記されます。
タール色素という言葉は知らなくとも、赤色○号や青色○号という言葉は、体に良くなく一時問題になった成分?と知っている方もいるかもしれませn

アレルギーを引き起こす可能性のあるとして、旧表示成分だった102種類の添加物の中でも、実はタール色素がその中の実に8割以上の83種を占めている程です。

現在では、このタール系色素を使った化粧品は無いとは思います
事実、着色料無添加と謳う製品は、このタール色素は使っていませんので安心ください。という意味で使われる事が多いです。

着色料が無いと、色が出ないという事もあり、そこは自然由来を使う事で代用するところも多いようです。
クチナシやウコンを使う事で、色を出していますが、これらは自然由来のものを使うため、合成着色料とは違うため、着色料は無添加ですというメーカーも多くあるようです。

着色料って結局のところ必要なのかどうか

では、結局のところ、化粧品に着色料が必要なのかどうかが気になるところです。

ぶっちゃけて言えば、特に必要ないものかもしれません。
ですが、販売する製品として見た時、例え品質は同じであっても、味気ないものより、お茶のエイスが入った淡いグリーンや、桜色だったり、バラのような色をしていたりといった方が、購買意欲はわきます。

そのため、見栄え的な意味で使われる事の方が圧倒的に多いです。
本当に肌の事を考えたら、無くていいと思いますが、営利目的も考えなければいけないメーカーからしてみたら、難しい問題なのかもしれませんね。

スポンサードリンク

カテゴリ内のその他の記事一覧
サイト情報
無添加化粧品のガイドサイトです。最近多く販売されている無添加化粧品について、なぜ良いのか、どこが良いのか、選ぶ時に注意する事はなんなのかといった知識から情報まで、そしてオススメの化粧品情報をお届けしています。みんなの口コミも大募集中です。

カテゴリの一覧

無添加の基礎知識
知っていると知らないとでは、大きな違いです。後になってしまった…と思わないように、今のうちにしっかり無添加の基礎知識を身に付けておきましょう!
無添加の種類
実際に言葉で表すと1つに見えてしまいますが、無添加には実に様々な種類があります。そのそれぞれ何が無添加なら良いのか、その種類を紹介し解説しています。
化粧品に配合される成分
化粧品に配合される成分は非常に多岐にわたります。ここではそんな化粧品の成分として配合されるとどういう効果が期待出来るのかも含め簡単に解説します。
化粧品にまつわるFAQ集
化粧品や無添加には様々な疑問が付きまとってきます。ここでは当サイトに寄せられる無添加や化粧品の質問について回答も合わせながらまとめています。
無添加化粧品の口コミ
今の世の中に数多くある無添加化粧品の紹介をしながら、実際に使った事のある方からの口コミも募集しながら寄せられたクチコミを掲載しています。
管理人のブログ&ニュース
美容業界は日々色々な研究や商品開発が行われています。業界のニュースやキャンペーン情報から、雑多な事をあわせながら色々とブログ形式にて紹介しています。
管理人の実費de体験談
この化粧品気になるけど、どうだろう?と思う方のため、管理人が実費で買って試してみた結果を写真と体験談としてのレポートで皆様に公開しています。