ハイドロキノン誘導体を知ろう!ハイドロキノンとの違いや効果と副作用

世の中には、名前は似ているけれど、実際には似ているどころか全然違うものというものが多々あります。

今回ご紹介するのもそのタイプで、ハイドロキノンと、ハイドロキノン誘導体は似ているけれども、全然別のものになります。

スポンサードリンク

ハイドロキノンについて

ハイドロキノンというのは、フェノールと呼ばれる物質を酸化させることで生成されます。
これは、医薬部外品の美白剤などにも処方されているものになります。

しかしながら、このハイドロキノンにおける漂白の作用が非常に強力という特徴を持ちます。
そのため、米国においては、ハイドロキノン配合されたクリームなどでは、2%を越えると、医師の管理下で処方という厳格な管理がなされている程です。

同じように、日本においても、厚生労働省から2%内での配合が認可されています。

非常に美白効果としては期待ができる反面、肌への刺激も非常に高くなりますので、特に敏感肌など肌への刺激が気になる方には注意を要する成分になります。

さらには、ハイドロキノンそのものには、発がん性の危険性、シミの原因になるとして、ヨーロッパの国によっては人体への利用は禁止されているという事もあります。

ハイドロキノン誘導体について

先ほどのハイドロキノンに対して、ハイドロキノン誘導体についてですが、名前は似てはいるものの、全く別のものとして考えなければなりません。

なにより、ハイドロキノンに似せて作ってはいるものの、安全性を非常に高めている物質になります。

以前にも紹介した、アルブチンという美白などに効果があるとされる成分ですが、元々はβアルブチンと呼ばれるものが使われていました。
このあたりは、アルブチンのところでも解説していましたが、最近ではより効果も高く、安全性にも優れたαが使われています。

このαアルブチンというのが、実はハイドロキノンとグルコースをα結合させる事によって、ハイドロキノン誘導体になるのです。

ハイドロキノンからさらに安全性を高め、効果が高まっているのが誘導体になります。

ハイドロキノン誘導体の効果としては、シミや肝斑などにも効き目が期待出来るとして人気を集めています。

また、チロシナーゼという酵素の働きを防ぐ効果がありますので、メラニンの生成も防ぐ事を期待できます。
そのため、シミだけでなくそばかすなども防止する効き目も期待できます。

スポンサードリンク

カテゴリ内のその他の記事一覧
サイト情報
無添加化粧品のガイドサイトです。最近多く販売されている無添加化粧品について、なぜ良いのか、どこが良いのか、選ぶ時に注意する事はなんなのかといった知識から情報まで、そしてオススメの化粧品情報をお届けしています。みんなの口コミも大募集中です。

カテゴリの一覧

無添加の基礎知識
知っていると知らないとでは、大きな違いです。後になってしまった…と思わないように、今のうちにしっかり無添加の基礎知識を身に付けておきましょう!
無添加の種類
実際に言葉で表すと1つに見えてしまいますが、無添加には実に様々な種類があります。そのそれぞれ何が無添加なら良いのか、その種類を紹介し解説しています。
化粧品に配合される成分
化粧品に配合される成分は非常に多岐にわたります。ここではそんな化粧品の成分として配合されるとどういう効果が期待出来るのかも含め簡単に解説します。
化粧品にまつわるFAQ集
化粧品や無添加には様々な疑問が付きまとってきます。ここでは当サイトに寄せられる無添加や化粧品の質問について回答も合わせながらまとめています。
無添加化粧品の口コミ
今の世の中に数多くある無添加化粧品の紹介をしながら、実際に使った事のある方からの口コミも募集しながら寄せられたクチコミを掲載しています。
管理人のブログ&ニュース
美容業界は日々色々な研究や商品開発が行われています。業界のニュースやキャンペーン情報から、雑多な事をあわせながら色々とブログ形式にて紹介しています。
管理人の実費de体験談
この化粧品気になるけど、どうだろう?と思う方のため、管理人が実費で買って試してみた結果を写真と体験談としてのレポートで皆様に公開しています。