ドリンクでもお馴染みのコラーゲンが化粧品に配合される効果や効き目

コラーゲンと言えば、CMでも見かける言葉ですし、美容ドリンクなどでも一般的に知られている成分です。

そんな割と馴染みが深いコラーゲンですが、化粧品に配合される事で、とういったメリットがあるのかを見ていきましょう。

スポンサードリンク

タンパク質の1つ

そもそもコラーゲンについて見てみれば、私たち人間の身体に存在しているタンパク質の1つになります。

人間の身体は16%のタンパク質で作られています。
その中の30%がコラーゲンであると言われているのです。

コラーゲンの効果としては、水分を保持し、肌の潤いを保つ役割を担ってくれています。

肌から筋肉、さらには髪の毛などに存在し、膝や肘など、関節が滑らかに動くのも、このコラーゲンがしっかりと役目を果たしてくれているからなのです。

25歳が曲がり角!?コラーゲンも減少する

ヒアルロン酸と同じで、体内に存在しているコラーゲンも、25歳あたりを境目に、加齢と共に徐々に減少していってしまうのです。

減少して不足がちになってしまうと、コラーゲンの役割でもある細胞組織を綺麗に並べる働きが緩んでしまいます。
という事は、どうなるかというと、顔に皺が出てきたり、顔のたるみなどが起こってしまったり、肌の潤いを保てなくなり乾燥してしまう事になります。

コラーゲンの効果は分子構造でかわる?

こういった減少に対処していくため、コラーゲンを外部から摂取するという事になります。
そのため、様々なコラーゲンドリンクからサプリ、そして化粧品といった製品が今の世の中では多数販売されています。

ですが、一部の説によれば、ドリンクなどのコラーゲンを摂取するだけでは、肌への影響はあまりないという事も言われています。

化粧水などに含まれたコラーゲンの場合は、保湿としての効き目は期待ができても、分子構造が大きいため、真皮までは到達できないとも言われています。

真皮とは

表皮の下にあり、厚さが2mmほどになります。
約70%がコラーゲンという弾力がある繊維で作られているものになります。

コラーゲンが網目状に張り巡らされているため、真皮は弾力性があって、肌も伸び縮みするという事になります。

動物性と海洋性

もともとコラーゲン自体は、牛や豚などの骨から抽出される事がほとんどで、動物性のコラーゲンが主流でした。

ただ、動物性の場合は、どうしても臭みがあったりと、女性から好まれない特徴がありました。
そこで、最近ではこのコラーゲンを動物由来のものではなく、魚の鱗や皮などから採取する、海洋性のものが使われてきています。

海洋性コラーゲンという事で、マリンコラーゲンと呼ばれています。

動物由来と比べてみても、より臭みがなくなっていて、肌への安全性についても、海洋性のマリンコラーゲンは高いと言われています。

スポンサードリンク

カテゴリ内のその他の記事一覧
サイト情報
無添加化粧品のガイドサイトです。最近多く販売されている無添加化粧品について、なぜ良いのか、どこが良いのか、選ぶ時に注意する事はなんなのかといった知識から情報まで、そしてオススメの化粧品情報をお届けしています。みんなの口コミも大募集中です。

カテゴリの一覧

無添加の基礎知識
知っていると知らないとでは、大きな違いです。後になってしまった…と思わないように、今のうちにしっかり無添加の基礎知識を身に付けておきましょう!
無添加の種類
実際に言葉で表すと1つに見えてしまいますが、無添加には実に様々な種類があります。そのそれぞれ何が無添加なら良いのか、その種類を紹介し解説しています。
化粧品に配合される成分
化粧品に配合される成分は非常に多岐にわたります。ここではそんな化粧品の成分として配合されるとどういう効果が期待出来るのかも含め簡単に解説します。
化粧品にまつわるFAQ集
化粧品や無添加には様々な疑問が付きまとってきます。ここでは当サイトに寄せられる無添加や化粧品の質問について回答も合わせながらまとめています。
無添加化粧品の口コミ
今の世の中に数多くある無添加化粧品の紹介をしながら、実際に使った事のある方からの口コミも募集しながら寄せられたクチコミを掲載しています。
管理人のブログ&ニュース
美容業界は日々色々な研究や商品開発が行われています。業界のニュースやキャンペーン情報から、雑多な事をあわせながら色々とブログ形式にて紹介しています。
管理人の実費de体験談
この化粧品気になるけど、どうだろう?と思う方のため、管理人が実費で買って試してみた結果を写真と体験談としてのレポートで皆様に公開しています。