化粧品の定番でもあるアミノ酸配合がもたらす効果とメリット

今回も化粧品の成分としては非常に人気を誇っていると言ってもいいアミノ酸について解説します。

そもそもの話にはなりますが、私たち人間の身体において、このアミノ酸というのは切っても切れない関係なのです。

スポンサードリンク

私たち人間の身体を構成しているものに、タンパク質があります。
このタンパク質が、実に20種類のアミノ酸が結合して作られているという事を知っている人はあまり多くないとは思います。

アミノ酸は、肌の潤いを保つ効き目などに非常に効果を発揮する成分になります。

アミノ酸が入る事で得られる効き目

アミノ酸は私たちの体において非常に大切な成分となります。

アミノ酸を摂取する事によって、保湿力が高まり、水分を保持する事ができます。
逆に、アミノ酸が不足してしまうと、角質層での保湿力が弱まってしまう事に繋がります。

そうなると、水分を留めておけなくなり、細胞がスカスカになってしまいます。
そして、そうなるとさらに水分は留めておけなくなって蒸発するような悪循環が繰り返されてしまうようになります。

あらゆるスキンケアの基本が保湿

基本となるスキンケアは、やはり保湿です。
それに役立つのが、アミノ酸が配合されている化粧品という事に繋がります。

無添加化粧品というジャンルにおいては、最近では石油系配合の成分を無添加という流れになってきています。
特に、石油系界面活性剤を無添加にしている無添加化粧品も増加傾向にあります。

その傾向からか、最近は石油系ではなく、アミノ酸系の界面活性剤を使った化粧品も増えてきています。
化粧品だけではなく、最近ではシャンプーなどでもアミノ酸シャンプーなどが流行しているのも、ご存じの方も多いかもしれません。

石油系よりもアミノ酸系の方が刺激が少ないという特徴があります。
また、洗浄力も多少和らぐ事を利用して、洗顔からシャンプーと使われるだけでなく、クリームなどにも配合される事もよくあります。

また、アミノ酸は配合されていても、アミノ酸とは表示されません。
表示される場合などは、

  • グリシン
  • グルタミン酸
  • メチルタウリン
  • サルコシン

このような名前が成分表示で記載されていれば、アミノ酸系の添加物という事になります。

敏感肌の方などで、刺激がなるべく低い物が良いという方は、成分をしっかりと見て、石油系ではなくアミノ酸系のものを選ぶのも1つですね。

また、保湿力を高めたいという方も、同じようにアミノ酸が配合された化粧品を選んでみてはいかがでしょうか。

スポンサードリンク

カテゴリ内のその他の記事一覧
サイト情報
無添加化粧品のガイドサイトです。最近多く販売されている無添加化粧品について、なぜ良いのか、どこが良いのか、選ぶ時に注意する事はなんなのかといった知識から情報まで、そしてオススメの化粧品情報をお届けしています。みんなの口コミも大募集中です。

カテゴリの一覧

無添加の基礎知識
知っていると知らないとでは、大きな違いです。後になってしまった…と思わないように、今のうちにしっかり無添加の基礎知識を身に付けておきましょう!
無添加の種類
実際に言葉で表すと1つに見えてしまいますが、無添加には実に様々な種類があります。そのそれぞれ何が無添加なら良いのか、その種類を紹介し解説しています。
化粧品に配合される成分
化粧品に配合される成分は非常に多岐にわたります。ここではそんな化粧品の成分として配合されるとどういう効果が期待出来るのかも含め簡単に解説します。
化粧品にまつわるFAQ集
化粧品や無添加には様々な疑問が付きまとってきます。ここでは当サイトに寄せられる無添加や化粧品の質問について回答も合わせながらまとめています。
無添加化粧品の口コミ
今の世の中に数多くある無添加化粧品の紹介をしながら、実際に使った事のある方からの口コミも募集しながら寄せられたクチコミを掲載しています。
管理人のブログ&ニュース
美容業界は日々色々な研究や商品開発が行われています。業界のニュースやキャンペーン情報から、雑多な事をあわせながら色々とブログ形式にて紹介しています。
管理人の実費de体験談
この化粧品気になるけど、どうだろう?と思う方のため、管理人が実費で買って試してみた結果を写真と体験談としてのレポートで皆様に公開しています。