化粧品の使用期限や消費期限について無添加化粧品は要注意?

化粧品を使っていて、多くの人が疑問に思うことの1つに、いつまで使えるのだろうか?という事があります。

当然ですが、化粧品にも使用期限がしっかりとあり、化粧品によって当然この期限というのは短かったり長かったりと変わってきます。

スポンサードリンク

化粧品の使用期限は、未開封の状態でだいたい3年、開封すれば1年と言われています。
ですが、このサイトのテーマでもある無添加の化粧品に関して言えば、もっと短い可能性が高く、そしてその使用期限内であっても、成分の有効性が低くなってしまう可能性があります。

ですので、化粧品の使用に関しては、新鮮な早い時期に使うのがおすすめです。

そもそもの化粧品の使用期限について

化粧品の使用期限については、実はきちんとしたルールが定められています。

化粧品には、今は全成分の表示が義務づけられていますおで、成分は必ず書かれているはずです。
それと合わせて、使用期限に関しては、書いているものと書いていないものがあります。

使用期限の表示などに関しては、いわゆる薬事法において定められています。

表示義務のあるもの
通常保管で、3年以内に変質をするもの
表示義務のないもの
3年以内に変質しないとわかっているもの

このように決まっているようです。
ですから、3年以内に変質しない化粧品は、品質の保持期限や製造年月日を記載する義務が無いようです。

ただ、多くの化粧品メーカーの製品が、未開封で保管していれば、3年~4年は品質が変わらないと言われているようで、このことから書かれている化粧品が少ないという事になります。

開けた後は、すぐに使う事を心がける

化粧品に限った事ではありませんが、たいていのものは開封すると、劣化が早くなります。

化粧品も同じで、開封した後は、品質の劣化のスピードが上がりますので、なるべく早くに使う事を心がけましょう。

特に成分にこだわった化粧品などは、開封後ある程度経ってしまうと、成分の有効性が徐々に下がってしまったりする事もありますので、注意が必要です。

無添加の化粧品については

無添加化粧品となったとき、防腐剤などが無添加とされている化粧品が多々あります。

そういった化粧品は、一般的の化粧品とはまた異なってきます。
防腐剤の中でもパラベンが使われる事が多いですが、その代わりに何かを使っているのか、使っていないのか、それでも変わってくることはありますが、使用期限が3年以内か3年以上かで、表示義務が変わってきます。

3年以内のものであれば、パッケージに記載されている事になりますので、より使用期限が短くなります。

これは、当然のことで、天然成分や自然由来の成分など化学成分が入っていないという事は、食べ物などに似ていて、鮮度の喪失は早くなります。

無添加化粧品の弱点の1つとも言えるのがこの品質保持と考える人もいますし、開封後に限らず、購入した化粧品は無添加製品であれば、なるべく早くに使い切る事を心がけていきましょう。

スポンサードリンク

カテゴリ内のその他の記事一覧
サイト情報
無添加化粧品のガイドサイトです。最近多く販売されている無添加化粧品について、なぜ良いのか、どこが良いのか、選ぶ時に注意する事はなんなのかといった知識から情報まで、そしてオススメの化粧品情報をお届けしています。みんなの口コミも大募集中です。

カテゴリの一覧

無添加の基礎知識
知っていると知らないとでは、大きな違いです。後になってしまった…と思わないように、今のうちにしっかり無添加の基礎知識を身に付けておきましょう!
無添加の種類
実際に言葉で表すと1つに見えてしまいますが、無添加には実に様々な種類があります。そのそれぞれ何が無添加なら良いのか、その種類を紹介し解説しています。
化粧品に配合される成分
化粧品に配合される成分は非常に多岐にわたります。ここではそんな化粧品の成分として配合されるとどういう効果が期待出来るのかも含め簡単に解説します。
化粧品にまつわるFAQ集
化粧品や無添加には様々な疑問が付きまとってきます。ここでは当サイトに寄せられる無添加や化粧品の質問について回答も合わせながらまとめています。
無添加化粧品の口コミ
今の世の中に数多くある無添加化粧品の紹介をしながら、実際に使った事のある方からの口コミも募集しながら寄せられたクチコミを掲載しています。
管理人のブログ&ニュース
美容業界は日々色々な研究や商品開発が行われています。業界のニュースやキャンペーン情報から、雑多な事をあわせながら色々とブログ形式にて紹介しています。
管理人の実費de体験談
この化粧品気になるけど、どうだろう?と思う方のため、管理人が実費で買って試してみた結果を写真と体験談としてのレポートで皆様に公開しています。